けくの太郎

提供: Wakapedia
移動先: 案内検索

けくの太郎(けくのたろう、1992年3月17日―)は、北海道札幌市在住のポッドキャスター。


2007年4月に現在配信しているポッドキャスト番組「Kechnology Talk Station」の前身である”毛久野太郎のListening to the radio”をスタート。

その後2008年1月に「Kechnology Talk Station」に改称し、現在に至る。


また、2010年にハンドルネームを「毛久野太郎」から「けくの太郎」に表記を変更しているが、

これは自身が作曲した「七月の空の下」が、月刊誌「Mac Fan」の連載「池澤春菜の天声姫語」WEBサイトの

「2010年12月号 Mac音のユーザさんはすごいクリエイターです」で紹介され、

その際に池澤春菜さんに”読めない”と指摘されたことからによる。


ポッドキャスターとしての活動の他にも作曲活動を行っており、作曲された曲は「Kechno POP」で配信されている。

また、この活動は他のポッドキャスターや身内の友人と共に行うこともある。


2012年10月には、Pod90sの発起人としてPromoter(運営監督)になり、新たなポッドキャストの形作りに貢献している。


2013年8月には、”The Kech”というポータルサイトを立ち上げた。


人物

経歴

愛称

特技

趣味・嗜好

エピソード

交友関係

脚注

外部リンク